奨学金の恐ろしさ

高校や大学に合格した後は、入学金や授業料の振込みが必要になります。
そんな時、奨学金を借りていれば、費用が支払えます。
しかし、奨学金の多くは貸与制で、卒業後に全額の返還義務が生じます。
給付制なら、返還義務がないため、安心です。


奨学金の滞納は、たいへん由々しき事態です。
借りたお金を返さなければ、貸し手は返済を求めます。
親や学校、会社に連絡が入り、呼び出しを受けます。
返済が長期間にわたれば、あなたの財産は差し押さえられます。
数百万円の借金が生じるため、返済期間も10年以上となります。
月々の支払額も、最低で1万円以上です。
人によっては、10万円近い支払いが求められます。


奨学金を滞納しないため、支払猶予制度や減免措置を利用しましょう。
経済的に貧困である場合、指定の書類を提出することで、一定の条件付きで猶予が認められます。
新卒採用を逃してしまった方や、何らかの理由で働くことが困難になった方や、ローンの支払に十分なお金が貯金できていない方は、この制度を利用しましょう。


奨学金は、学資金としての使い道に限定されるお金です。
原則として、生活費などへの流用はできません。
生活費を補填するため、高額な奨学金を借りてしまうと、卒業後の支払額も増額されます。
アルバイトを併用して行い、生活費の補填を行いましょう。


奨学金はリレー資金です。
毎年多くの学生が、奨学金を利用されます。
資金に余裕ができ次第、速やかに返済を開始しましょう。


<注目情報>
奨学金以外にも学生が利用出来る学生を専門としたローンサービスもあります・・・学生ローン